読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名づけそむ 名前は子供への最初のプレゼント

志村志保子さんの「名づけそむ」の感想やあらすじ(ネタバレ)紹介。無料お試し読みサイトのご紹介です。

名付けそむ ネタバレ注意! 名前にちなんだ10の物語 「愛子」「小春」…第二話 人生に意味をもたせるか、人生が意味をもたせるか

 

f:id:lightning-san:20160919003622j:plain

名づけそむ

作:志村志保子

 

「愛子」=愛・子=了+一

了と一で初めから終わりまで

 

愛子とは一生愛されますように

そういう願いの込められた名前

 

名づけそむ第二話は

名前に押しつぶされそうな女性の話

 

「名づけそむ」が読めるのはこちら

>>無料お試し読みはこちら<<

※サイト内で「名づけ」と検索してください

 

 

あぶない!!

 

駅のホームで貧血を起こし

倒れそうになった崎岡愛子は

 

慌てて助け起こされたとき

自殺とまちがわれてしまいます

 

そして、そんな様子を部長の息子

リクオにみられてしまっていました

 

 

部長に変な誤解をまねかれたらと

愛子はリクオを呼び止めますが

リクオはすげない返事を返してきます

 

 

別に関係ないし

あんたが死のうが

生きようが

 

 

さすがにちょっと思うところがあったのか

愛子はリクオにちょっと意地悪します

 

 

でも、このまま本当に

私が死んだら後味悪いよ

一生後悔するよ…

 

結局何をするでもなく

呼び止めたリクオに

自分の事を話始めます

 

 

愛子=一生愛されますように

 

でも29年生きてきて

誰からも愛されたことがない

 

そして最近好きだった先輩に

彼女ができて

その彼女が「愛子」という名前だった

 

同じ名前なのになぜ…

 

 

愛子という名前に押しつぶされそうな

主人公の心は救われるのでしょうか

 

 

「名づけそむ」が読めるのはこちら

>>無料お試し読みはこちら<<

※サイト内で「名づけ」と検索してください